サイト内キーワード検索


お問い合せ

東洋学術出版社

〒272-0021
 千葉県市川市八幡
 2-16-15-405

販売部

  TEL:047-321-4428
  FAX:047-321-4429

編集部

  TEL:047-335-6780
  FAX:047-300-0565

  • HOME
  •  > 
  • 『中医臨床』

▼『中医臨床』


 ◆ 「漢方エキス製剤の中医学的運用」コーナーへの投稿募集中です。
   詳細はこちらをご覧ください。

中医臨床 通巻164号(Vol.42-No.1) 特集/温法と温裏剤

[ 最新号 ]
中医臨床 通巻164号(Vol.42-No.1)特集/温法と温裏剤 虚火の病態を捉える
【特集】温法と温裏剤

温法は中医八法の一つで,温裏法ともいわれ,裏寒証に対し温熱性の生薬を用いて温陽祛寒をはかる治療法とされる。温法は熱証に用いないことが大原則である。そのため診断においては寒熱の真仮の鑑別が非常に重要になる。特に真熱仮寒への温法の誤用には注意しなければならない。他方で,脾気虚によって虚火を生じる陰火や,陽虚によって虚火を生じる虚陽上浮はいずれも熱証を呈するが,実態は脾気虚や陽虚であるため温法を用いなくてはならない。やはり病態の把握が重要である。
本特集では,『内経』が提起した温法とその後の歴史的経緯を振り返り,さらに温法の応用例を中国の雑誌文献からだけでなく日本の臨床家の経験を交え紹介する。また,温病の大家として知られる呉鞠通が意外にも温熱剤を多用していたことも取り上げる。

定価 : 1,760円(本体1,600円+税)

詳細を見る

中医臨床 通巻163号(Vol.41-No.4) 特集/和解と調和の治療――和法

[ バックナンバー ]
中医臨床 通巻163号(Vol.41-No.4)特集/和解と調和の治療――和法 【特集】和解と調和の治療――和法
和法とは,和解あるいは調和の方法によって,半表半裏の邪,あるいは臓腑・陰陽・表裏失和の証を解除する治法の一つである。和法はもともと,傷寒少陽証に対する和解法として位置づけられていたが,明清代以降,その範囲が拡大され,現在の和法は傷寒少陽証だけでなく温病少陽証や,臓腑不和の内傷雑病にまで対象が拡がっており,邪在少陽・邪在膜原・肝脾不和・肝胃不和・脾胃不和・気血不和・営衛不和などの病証に対して用いる治法として位置づけられている。したがって和法の応用範囲は非常に広範に及ぶ。
そこで本特集では,まず和法と和解剤の発展の歴史を振り返り,さらに中国における五官疾患(鼻淵)・血液疾患・皮膚疾患に対する和法の応用経験を紹介する。

定価 : 1,760円(本体1,600円+税)

詳細を見る

中医臨床 通巻162号(Vol.41-No.3) 特別企画/わが国における新型コロナと漢方

[ バックナンバー ]
中医臨床 通巻162号(Vol.41-No.3)特別企画/わが国における新型コロナと漢方 秋冬のCOVID-19に備える
【特別企画】わが国における新型コロナと漢方

2019年12月に中国湖北省の武漢市で広がり始めた新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界的拡大をみせて8カ月。9月現在,わが国では新規感染者が緩やかに減少する傾向をみせているが,感染抑制と経済活動の正常化をにらみながらの悩ましい状況が続いている。
この間,COVID-19に対しさまざまな知見が得られ,治療薬やワクチンの開発が急ピッチで進められているが,変異しやすいウイルスの特性を考えるとウイルスそのものをターゲットとする現代医学とは異なり,生体に働きかけることを主体とする漢方医学をぜひとも有効に活用したい。中国では流行の早期から国の「COVID-19の治療ガイドライン」に中医学を組み入れ,実際に多くの臨床現場で用いられてきたが,わが国ではどうであろうか。今回,日本の医療現場から,COVID-19と中医学・漢方をテーマに,経験・提言・可能性・現状などについて声を寄せていただいた。

定価 : 1,760円(本体1,600円+税)

詳細を見る

中医臨床 通巻161号(Vol.41-No.2) 特集/新型コロナウイルス感染症と中医学

[ バックナンバー ]
中医臨床 通巻161号(Vol.41-No.2)特集/新型コロナウイルス感染症と中医学 COVID-19の第2波に備える
【特集】新型コロナウイルス感染症と中医学

2019年12月に中国湖北省の武漢市で広がり始めた新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は,瞬く間に世界中に蔓延し,3月11日,WHOは「パンデミック」を宣言。6月1日現在,全世界で37万人以上の死者を含む605万人を超える感染者が確認されており(WHO),その被害は甚大である。すでに多くの国で感染のピークは過ぎているとみられるが,東アジアに比べると欧米の被害の大きさが際立っている。この間,COVID-19に対しさまざまな知見が得られているが,いまだ決定的な治療薬やワクチンは開発されていない。今秋から冬にかけて再流行も懸念されており,これまでの中医学の取り組みを総括して,対策のための備えとしたい。

定価 : 1,760円(本体1,600円+税)

詳細を見る

中医臨床 通巻160号(Vol.41-No.1) 特集/雑病に応用する汗法

[ バックナンバー ]
中医臨床 通巻160号(Vol.41-No.1)特集/雑病に応用する汗法
【特集】雑病に応用する汗法

現代中医学において,汗法とは解表法のことであり,発汗によって体表部の邪気を汗と一緒に取り除く治療法であるとされている。『素問』陰陽応象大論の「其れ皮に在る者は,汗によりてこれを発す」がその理論の根拠である。 そのため,一般に汗法は外感病の初期や,病邪が皮腠を犯したときに現れる表証の治療に用いられ,開泄腠理・調和営衛・発汗祛邪を通じて表邪を解除する方法として理解されている。さらに,外邪の性質の違いにより,汗法には発散風寒法(辛温解表法)と疏散風熱法(辛涼解表法)があり,それぞれ風寒表証と風熱表証の治療に用いられる。 このように,汗法は外感病に対する常用法として認識され用いられているが,実際には表証外感だけでなく裏証雑病に対しても応用することができる。本号では一般的な解表法とは異なる応用経験を紹介する。

定価 : 1,760円(本体1,600円+税)

詳細を見る

中医臨床 通巻159号(Vol.40-No.4) 特集/脾胃の調理を再考する

[ バックナンバー ]
中医臨床 通巻159号(Vol.40-No.4)特集/脾胃の調理を再考する 脾胃は全身をコントロールする要
【特集】脾胃の調理を再考する

中医学では一般に,脾胃は「後天の本」であり,胃は受納を,脾は運化を主り,「一納一運」で,両者が密接に協力して水穀を化して精微とし,気血津液を化生して全身に供給するとされる。脾の病では,陽気虚衰のため運化機能が失調し,そのため水湿や痰飲が内生して起こる病証,あるいは統血機能が失調して起こる出血病証がよくみられる。また胃の病では,受納機能や腐熟機能の障害や胃気上逆の病変がみられる。そして,①脾気虚証,②脾陽虚証,③中気下陥証,④脾不統血証,⑤寒湿困脾証,⑥脾胃湿熱証,⑦胃陰虚証,⑧食滞胃脘証,⑨胃寒証,⑩胃熱証などの証型があげられている。
こうした中医学の理解を踏まえたうえで,本特集では改めて「脾胃の調理」にスポットを当て,胃腸疾患以外の病であっても脾胃を調理することが大切であることを示したい。脾胃は中央にあって全身の気機の昇降をコントロールする枢軸だからである。

定価 : 1,760円(本体1,600円+税)

詳細を見る

中医臨床 通巻158号(Vol.40-No.3) 特集/中医喉科~中国伝統医学の特色溢れる治療~

[ バックナンバー ]
中医臨床 通巻158号(Vol.40-No.3)特集/中医喉科~特色溢れる中国伝統医学の治療~ 薬・針・外用薬を用いた咽喉の病の治療
【特集】中医喉科~特色溢れる中国伝統医学の治療~

咽喉の病の治療の歴史は古く,『素問』には「喉痹」の記載が複数箇所にみられ,すでに治療の対象になっていた。しかし中医喉科という専門科目として扱われるようになるのは宋代以降である。さらに中医喉科の体系化が進むのは明代以降で,最盛期を迎えるのは清代である。その背景には,白喉(咽頭・喉頭ジフテ リア)や爛喉痧(猩紅熱)などの急性感染症の流行があった。特に江南地域では疫病が頻発し,そのことがこの地域の医家に咽喉の病の治療経験を積ませることになり,咽喉治療の理論や処方の発展を促した。
今回の特集では,今春取材した江西省旴江に息づく謝氏喉科の6代継承者・謝強先生のインタビューおよび慢性咽頭炎治療をはじめ,現代中国を代表する耳鼻咽喉科の老中医・干祖望先生の慢性咽頭炎治療。さらに名老中医による喉頭炎の治療,そして咽喉科で用いられてきた外用薬「吹薬」の歴史的変遷などを取り上げる。

定価 : 1,760円(本体1,600円+税)

詳細を見る

中医臨床 通巻157号(Vol.40-No.2) 特集/難治性婦人科疾患の中医治療

[ バックナンバー ]
中医臨床 通巻157号(Vol.40-No.2)特集/難治性婦人科疾患の中医治療 中医学の難治性婦人科疾患治療はどこまで来たか
【特集】難治性婦人科疾患の中医治療

婦人科はさまざまな診療科のなかでも漢方薬が頻用される分野で,月経不順や月経痛,PMSや更年期障害などでは,当帰芍薬散・加味逍遙散・桂枝茯苓丸などが日常的に処方され,実際に有効性を発揮している。こうした疾患や症状に対する漢方治療はすでに多くのところで取り上げられているので,今回の特集では,西洋医学的な治療が奏効しない,あるいは奏効しにくい難治性の婦人科疾患に焦点を当てる。特に多囊胞性卵巣症候群(PCOS)と早発卵巣不全(POF)について重点的に取り上げる。
まず別府正志先生に西洋医学的に難治と思われる婦人科疾患の中医学治療の概略について,ご自身の考え方を紹介していただき,次にPCOSとPOFについて中国の経験を紹介する。それぞれの疾患に対し,現在の中国でどのような治療が行われているかを示すほか,朱南孫,肖承悰,夏桂成といった現代中国の名中医の具体的な治療についても詳しく紹介する。

定価 : 1,760円(本体1,600円+税)

詳細を見る

中医臨床 通巻156号(Vol.40-No.1) 特集/アレルギー疾患の中医治療

[ バックナンバー ]
中医臨床 通巻156号(Vol.40-No.1)特集/アレルギー疾患の中医治療 中医学のアレルギー疾患治療はどこまで来たか
【特集】アレルギー疾患の中医治療

アレルギー疾患の患者数は増加しており,わが国の全人口のおよそ2人に1人が何らかのアレルギー疾患に罹患しているといわれている。近年,アレルギー疾患の発症機序や悪化因子等の解明が進み,新たな治療薬や治療法が開発されるなどしているが,依然として根治に至らず長期的な対症療法を余儀なくされている患者も多い。本特集では,このような現状において漢方や中医学がどのように活かされ,何が期待されているのかを探る。
特集では,まず膠原病・アレルギーを専門にする滝沢健司医師に,わが国におけるアレルギー疾患に対する現代医学的治療と漢方治療の現状について紹介していただいたうえで,中医学ではアレルギー疾患をどう捉えどのように治療しているのかについて解説していただいた。さらに,臨床報告として木田正博医師に環境や生活習慣といった現代社会的要因に着目したアレルギー疾患の治療例を報告していただいた。
中国からは,中医学におけるアレルギー疾患治療の具体的な進め方について北京の仝小林氏の論文を,さらに北京の王琦教授の中医体質学の観点を加味した湯液治療ならびに針灸治療に関する論文をそれぞれ翻訳して掲載した。

定価 : 1,760円(本体1,600円+税)

詳細を見る

中医臨床 通巻155号(Vol.39-No.4) 特集/丹渓医学

[ バックナンバー ]
中医臨床 通巻155号(Vol.39-No.4)特集/丹渓医学 「雑病治療の祖」朱丹渓の医学に学ぶ
【特集】丹渓医学

現代中医学の直接のルーツは金元医学にあるといわれる。朱丹渓はそれを代表する一人だ。丹渓の医学の特徴は,大きく〈1〉気・血・痰・鬱の「四傷」学説,〈2〉「陽は余り,陰は足らず」説,〈3〉相火論の3つを提唱したことにある。特に陰精の虧損を重視し,滋陰降火法を創出したことから「滋陰派」に列せられる。
特集では,丹渓医学とはどのようもので,現代にどのように活かされているのかを探るため,朱丹渓の故郷・義烏と,丹渓医学の研究拠点がある杭州の現地取材を実施。
丹渓医学の学術研究の中心地・浙江省中医薬研究院の盛益秀教授には,朱丹渓の主要な医学思想の概要とそれが形成された背景,用薬の特徴,丹渓学派の系譜などについて話をうかがった。さらに丹渓医書を出典とする処方を運用した盛教授の経験として,二妙散・痛瀉要方・大補陰丸・越鞠丸の応用例を紹介した。
また朱丹渓から数えて22世代の子孫にあたる朱鋭明教授(義烏市中医医院)には,地元・義烏における丹渓医学の継承の様子などについて話をうかがった。
さらに丹渓医学は中医学の形成に多大な影響を与えただけでなく,わが国の伝統医学にもその影響が及んでいる。後世派の祖・曲直瀬道三の代表作とされる『啓迪集』には『玉機微義』『医学正伝』『丹渓心法』など丹渓学派の著書からの引用が非常に多く,曲直瀬流の医学を丹渓学派の流れを汲むものと位置付けることもできる。そこで,曲直瀬流医学の伝承に詳しい二松學舍大学の町寿三郎先生に,丹渓医学が曲直瀬流医学にどのように取り入れられ,広がっていったのかについて寄稿していただいた。

定価 : 1,760円(本体1,600円+税)

詳細を見る

 

|  1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17  | 次へ

ページトップへ戻る